クロノセルで細胞レベルで取り組むスキンケア!

投稿日:

稀少な幹細胞は、年齢とともに減少する

幹細胞は60兆個ある私たちの細胞の中に、たった30億個しかありません。

30億個と聞くと「すごくたくさんある」と考えがちですが、60兆個の細胞の中で占める割合は0・005%しかないのです。

さらに幹細胞は、加齢とともに減少してしまい、老化や病気を招き、やがて死が訪れてしまうのです。

肌の幹細胞も同じように、加齢とともに減少します。

美肌の源である幹細胞がなくなれば、線維芽細胞も生まれなくなり、肌がどんどん老化していきます。

従来の肌美容、アンチエイジングの方法では、細胞から若返るという目標を満たすことができなかったのです。

しかし、細胞の成り立ちや幹細胞の研究が急速に進んでいく中で、幹細胞を活用したアンチエイジング美容が今まさに、可能になりつつあるのです。

肌の幹細胞はどこにいる?

では、肌の幹細胞はいったいどこにいるのでしょうか?

これは最近の研究によって、真皮の中と、表皮の一番下の基底層に幹細胞があることが明らかになっています。

表皮の幹細胞(以下表皮幹細胞)は、そこで自分と同じコピー細胞をつくり、さらに新しい角化細胞をつくります。

こうして生み出された角化細胞が角層をつくって、肌のバリア機能を維持しています。

真皮の幹細胞(以下真皮幹細胞)も自分のコピー細胞をつくり、さらに線維芽細胞をつくって、コラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどの美肌成分を補給します。

肌の幹細胞の数を調べた結果、肌の幹細胞は年齢とともに減少してしまうことが明らかになりました。

幹細胞の減少により、新しい肌を生み出す能力が低下して、肌が乾燥したり、シミ、シワ、たるみが目立つようになり、肌老化が進むと考えられます。

肌の老化を防ぎ、若々しい肌を取り戻すには、減少していく幹細胞を何らかの手段で増やし、新しい肌を再生するのがベストな方法です。

細胞レベルで取り組むアンチエイジング

私がこの記事を書いているのは、さまざまな取材や研究成果の報告を検証した結果、アンチエイジングにとって細胞レベルで取り組むことがとても重要だと考えたからです。

今までも、肌老化に抗うためのアイテムは多数登場しましたが、そのほとんどが「肌の表面に不足している成分を補うもの」でした。

水分、油分などのバランスを整え、加齢と共に減少する皮脂の分泌や新陳代謝の遅れを外側から塗って補うというコンセプトがほとんどです。

最近では、肌の真皮にあるハリや弾力のもとになるコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの美肌のもととなるタンパク質を補うというコンセプトのものも多くみられます。

しかしこれらは全て、「健康な肌を生み出す細胞が十分に存在する」という前提がなければ、焼け石に水となってしまいます。

どんなに美容成分を与えようとしても、それに反応して活用する幹細胞がなければ、意味がありません。

そこで必要になるのが「細胞レベルのアプローチ」、つまり幹細胞を増やす、補うという働きを持つ美容のアプローチが、肌の根本的な若返りには必要不可欠なのです。

もちろん、水分、油分、コラーゲンヒアルロン酸エラスチンなどは、とても重要な美容成分です。

しかしその前に、その美容成分を活用することのできる元気な細胞が、肌に存在していることが大切なのです。

そこでポイントとなるのが、再生医療の美容分野への応用で、クロノセルはその再生医療の技術で誕生したヒト幹細胞を配合している美容液というわけなのです。

-クロノセル

Copyright© クロノセルの口コミから本当の効果を暴露!ヒト幹細胞の実力徹底検証 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.