クロノセルにも配合されている成分「ヒト幹細胞培養液」の特徴

投稿日:

幹細胞の分泌液は、再生医療に期待されている

ヒト幹細胞培養液は、再生医療にも応用が期待されています。

たとえば、ヒトの骨髄から採った幹細胞が分泌した培養液をスポンジに浸み込ませて、イヌの歯ぐきの骨を5ミリ削ってその部分にスポンジを充てておくと、約4週間後に、歯ぐきの骨、骨と歯をつなぐじん帯、歯のセメント質が3ミリほど再生しました。

これは、幹細胞培養液に含まれる増殖因子(グロスファクター)が、欠損した部分の周辺にいる幹細胞に幹細胞増殖をスタートさせるサインを送って、失った歯や歯ぐきの骨を再生したのではないかと分析されています。

ヒトへの応用が安全であると検証されれば、幹細胞培養液を歯周病などで失った歯や歯ぐきを再生して治療する方法に応用でき、大いに期待されています。

ヒトの乳歯から採った幹細胞を培養した幹細胞培養液を、脳梗塞を起こして足が動か再なくなったラットに2週間、毎日点鼻したところ、6日後には歩けるようになり、脳梗塞を起こした部分も縮小したことが報告されています。

これも幹細胞培養液の増殖因子(グロスファクター)が、脳梗塞を起こして壊死した脳細胞の近くにある幹細胞に増殖を促すサインを送り、幹細胞を活性化させて、脳の細胞を修復したものと推察されています。

これがヒトに応用されれば、全国に約140万人もいる脳梗塞患者の治療に使って、失われた脳の機能を回復させることで、運動機能障害やまひ、言語障害などを予防・治療することができるかもしれないと期待されています。

細胞から若返るのが究極のアンチエイジング

このように実際に病気の治療にも応用が期待される幹細胞培養液ですが、肌の若返りにも大いに期待が寄せられ、実際にヒト幹細胞培養液を使ったスキンケア製品が発売されています。

つまり最先端の医学や生命科学の成果を使って、細胞美人になる方法が実現したのです。

素晴らしいことです。

そして今までの角層に美肌成分を浸透させて肌老化を修復することしかできなかったスキンケアの常識がガラリと進化して、細胞から若返るという根本からのアンチエイジングが実現できるようになったのです。

スキンケア用に開発されたヒト幹細胞培養液は、そのほとんどが脂肪組織から抽出された幹細胞を使ってつくったもので正式な名称は「ヒト指肪細胞順化培養液エキス」です。

この中に、皮膚の幹細胞を元気にするパワーの源がたくさん入っているのです。

いったいこのヒト脂肪細胞順化培養液エキスにはどんな若返りのパワーが含まれているのでしょうか。

スキンケア用に開発された幹細胞培養液で「ヒト指肪細胞順化培養液エキス」の中には、成長(増殖)因子や酵素、SOD(抗酸化酵素:細胞内に発生した活性酸素を分解する酵素)、コラーゲンやヒアルロン酸など、細胞外マトリックス成分が豊富に含まれています。

肌の中で発生した活性酸素を除去する働きを高めます。

成長(増殖)因子とは、簡単に言うと、細胞から細胞に情報やサインを送るタンパク質です。

たとえば肌の真皮にあるコラーゲンが不足していることを察知した幹細胞は、「幹細胞を増やせ」と「コラーゲンを増やせ」というサインを出す成長(増殖)因子を分泌します。

そのサインを受け取った別の細胞の表面に成長(増殖)因子がくっついてコラーゲンの設計図になる遺伝子を細胞の核の中から取り出すためのカギ穴(レセプター)を見つけて、成長(増殖)因子がカギ(リガンド)になって、細胞のドアを開け、遺伝子情報を取り出して、タンパク質を結合させながら、新しいコラーゲンを再生し、また別の細胞にサインを伝達するための成長(増殖)因子や、活性酸素を中和するSOD(抗酸化酵素)も一緒につくられます。

-ヒト幹細胞

Copyright© クロノセルの口コミから本当の効果を暴露!ヒト幹細胞の実力徹底検証 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.