細胞の再生に関する誤解とヒト幹細胞培養エキスだからできる事

投稿日:

細胞の再生は痛くもないし、怖くもない

この中にもある線維芽細胞成長因子(aFGF)は、すでに医療でも2005年頃から活用されています。

手術後の傷口、やけどの傷口などに線維芽細胞成長因子を含んだスプレーを吹きかけると、スプレーの中にある成長(増殖)因子が、傷口の真皮にある線維芽細胞にサインを送り、線維芽細胞を増殖させて、さらにコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチン、新しい血管などをつくって、傷を修復し、肌の再生を速やかに促進してくれるため、治療期間が大幅に短縮されました。

成長(増殖)因子の美容への応用は、2001年に世界初の成長(増殖)因子の成分を含んだクリームを肌に1日2回約6週間塗り続けると、コラーゲンの産出、ヒアルロン酸の産出、エラスチンの産出、線維芽細胞の増加および皮膚の厚みが著しく増大したことから、成長(増殖)因子の実力が、皮膚科学の世界で認められました。

成長(増殖)因子を頭皮に注射したり塗ったりすると、毛母細胞に刺激を与えて、発毛、増毛効果が得られることも明らかになっており、一部の美容皮膚科を中心に、この施術を受けることができます。

幹細胞自体を注入しなくても、幹細胞が増殖するときに分泌する成長(増殖)因子で、細胞の再生は可能なのです。

しかも注射などをせずに、クリームを肌に塗る、肌にスプレーを吹き付けるだけでも効果が得られるのです。

痛くもないし、怖くもありません。とても手軽です。

医療の現場で傷の修復を早める効果が認められている成長(増殖)因子の実力を、肌のアンチエイジングに活用できる時代が到来したのです。

ヒト脂肪細胞順化培養液エキスだからできる!

ではヒト脂肪細胞順化培養液エキスであれば、どんなものでもいいのかというと、実はそうではないのです。

肌の表皮や真皮に美容成分を届けるためには、まず分子を小さく低分子化するテクノロジーが必須です。

大きい分子のままでは肌の表面のバリアをくぐり抜けることができないのです。

そのためには、低分子コラーゲンなどにヒト脂肪細胞順化培養液エキスをよく馴染ませて、低分子コラーゲンと一緒にエキスに含まれる成長(増殖)因子を、肌の内側に送り込むのが効率的です。

私たちの肌の表面は、汗などの水分の膜と、皮脂などの油分の膜に覆われて、異物が侵入しにくいようにバリアされています。

このバリアを通り抜けるためには、ヒト脂肪細胞順化培養液エキスを水にも油にもよく馴染むようにするテクノロジーが必要です。

さらにヒト脂肪細胞順化培養液エキスは、表皮と真皮のそれぞれの幹細胞を元気にすることで実力がいっそう発揮されていきます。

すると、乾燥や紫外線から肌の内側を守る表皮の働きが活性化されます。

また、うるおいと弾力を保つ成分の宝庫、真皮も活性化していきます。

表皮と真皮にうまく留まりながら、効果を発揮させるためには、表皮内に留まってくれる分子と、その下の真皮まで到達してくれる分子をミックスしておくことで、場所の違う2カ所で、幹細胞に働いてもらえるのです。

浸透した成長(増殖)因子によって、肌の内側でアレルギー反応や炎症反応を起こさないように加工する必要もあります。

また他人の細胞から抽出した成分であれば、安全性を十分に検証したものでなければなりません。

-ヒト幹細胞

Copyright© クロノセルの口コミから本当の効果を暴露!ヒト幹細胞の実力徹底検証 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.